生活リズムを定める事で心身ともに健康的になる

体も心も健康的になるためには自分にストレスを与えない習慣が大事だと思います。「ルーティン」という言葉が流行っている通り、日々の決まった行いが、健康へと結びつきます。

 

具体的には何時に寝て何時に起きるとか、決まった時間帯に食事を摂るとか、生活の中でなるべく「乱れ」を出さない取り組みが、肉体的にも精神的にもリラックスでき、不思議と前向きで健康的でいられるようになります。

 

逆に、毎日寝る時間もバラバラだったり、食事を抜かしたり、または四六時中食べてばかりだと、小さな乱れから大きな病気へと繋がったり精神的にイライラするような不安定な状態となることが実際多いです。

 

自分が正しいと思った取り組みを毎日繰り返す「ルーティン」の力はバカには出来ません。世界的に有名なスポーツ選手や作家の中にも、日々の決まった行いを重要視している方が少なくありません。生活リズムを定める事。それは心身ともに健康的な状態を維持する事に繋がります。

 

タバコやお酒が良いとは言いませんが、それ以前の問題としてストレスを溜めさせない工夫を一日の中で考えてみる事が大切です。何をルーティン作業として毎日こなしていくかという事を、意識して考えてみる事から健康的な生活が始まります。

 

健康な女性