朝食前の早朝ランニングで健康に!

2年ほど前から朝食前に早朝ランニングをしています。
この早朝ランニングを始めてからは体も締まって、
風邪にもひかずに健康になってきていると実感しています。

 

私の早朝ランニングの方法ですが、朝起きてすぐには体が起きていないため、
まずはストレッチやヨガ等の軽い運動をします。

 

そのあとは朝食はとらずに、脱水症状になるのを避けるために
水分(トマトジュースや牛乳)だけを補給して、ランニングに出かけます。

 

食事をとらずに、ほどよい空腹感で運動をすると、
体内の脂肪を効率的に燃焼してくれるため、
健康的に痩せたい人にはお勧めだと思います。

 

ランニング中は無理をせず、心臓にあまり負荷をかけないように、
ちょっと遅いかなと感じるくらいのペースで20分から30分程度走ります。

 

ランニング中は今日の予定とかを考えていると
あっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

走り終わった後に、シャワーを浴びることで
心も体もすっきりしてから朝食をとります。
これで、気分よく一日をスタートすることができます。

 

早朝にランニングをすることは健康に良いだけでなく、
ランニングを習慣化させるという点でもメリットがあります。

 

私の周りにも健康のためにランニングやウォーキングを始める人が多いのですが、
長続きせずに途中で挫折する人を見ると残念だなと思ってしまいます。

 

昼間や夜に運動するのとは違って、早朝は人や車も少なく、
すがすがしい空気のなかで走ることができるので、余計なストレスがありません。

 

また、静かな環境で走ると、日中では気付かなかった
季節の変化をいち早く感じとることもでき、
日々の生活に新しい発見が生まれます。

 

さらには、早朝に走っているので、夜は自然と早寝することができ、
早寝早起きの好循環が生まれ、健康的な日々を過ごすことができていると
実感しやすくなります。

 

こうしたことによって、ランニングへのモチベーションが向上して、
ランニングを習慣化しやすくなるのではないかと思います。

 

健康のために始めたランニングがなかなか続かないという人も、
是非早朝のランニングを始めてみてはいかがでしょうか?